□ Back to index.

□ Back to Really Turkey!! - contents.

□ ホンマにトルコ!! □

□ 1週間め。 □

『イルハン・マンスィズの国』

1週間め。『イルハン・マンスィズの国』 B

 世界三大料理といったら、フランス、中華、そしてトルコ! でしたよね?

 トルコといったら、『ドンドゥルマ』を外しては語れません。ってなんか前回と同じ書き出しだね。ま、とにかくね、今回はドンドゥルマの話。ホントね、何を書こうか迷ってて、すっごい更新せずに申し訳なかったです。いや実を言うとめんどくさかっただけなんだけどね。あッ、楽屋裏の話はしない方が良かったか! あいたたたー。

 脇道にそれたので軌道修正します。もうね、ドンドゥルマ……美味すぎる! ドンドゥルマってのは、日本では「伸びるアイス!」として知られているけど、トルコ語で「ドンドゥルマ」ってのは「アイス」のこと。つまり「伸びるアイス」を「ドンドゥルマ」と言うんじゃなくて、たまたま「アイスが伸びる」というだけのこと……ってちょっとわかりにくいね(−−;)

 さて、このドンドゥルマ。なんで伸びるんでしょうね? 実はこれ、蘭の根っこの粉(サーレップという)をアイスに練りこんでいるからなんだそう。サーレップを入れることで、強靭な肉体(伸びるアイスのこと)を手に入れることが出来るんだって! はじめは半信半疑だったけど、今は女の子にもモテモテ! サーレップにはとても感謝しています! どうもありがとう! お申し込みはフリーダイヤル×××……また脇道にそれてしまったようだ。

 でも思っていたほどは伸びなかったかな〜。「日本のトルコ風アイスの方が伸びるかも……?」というのが正直な感想。ん〜、でももしかしたら寄った店のアイスがたまたま伸びなかったのかな。夏は屋台とかでドンドゥルマが食べられるらしいんだけど、オレが行ったのは冬だったから、街のどこにもドンドゥルマを売っているところはありませんでした! で、仕方が無いからホテルのお姉さんに教えてもらったところに行ったんだけど……

 そのお店って言うのが、トルコでは結構大手のチェーン、「MADOアイスクリーム」。ここは喫茶店で、アイス以外のデザートも置いてある。種類はかなり豊富で、短い旅行期間では食べ尽くすことは不可能!ってくらい。

 もちろんイスタンブールにもいくつかあるけど、旧市街(安宿街)や新市街から一番行きやすいのは、トゥネル(地下鉄。距離が世界一短くて、一駅しかない!)行きの路面電車が走っているイスティクラール通りにあるお店。お店自体は「思っていたほど大きくはない」けど、ガラタサライ高校の目の前だから見つけやすい。方向音痴・地図音痴でも安心設計だね♪

 オレはここの「MADO」には良く行きました。そしてアイスを食いまくりました。お菓子も食いまくりました。でも全種コンプリートはさすがに無理だったなぁ〜(^^;) アイスのフレバーだけでも十数種類あったからね〜。ひとりでも行ったし、友人の「Gっつぁん」とも行ったし、街で声を掛けた女の子とも……ってこれナンパ?? いやいや、オレにはそんな度胸はありません(では何だと言うのか。笑)!

 そう、「Gっつぁん」。大学の友人である彼を誘ったのはオレであります。オレが先にトルコ入りして、彼はあとから合流したわけで。ま、ともかくその「Gっつぁん」と行ったときのこと。オレと「Gっつぁん」の他にもうひとり、彼が飛行機の中で話したという「モンゴルさん」(どういう名前や!笑)という方も一緒だった。で、みんなでスタコラMADOへ行きました。悪いのは全てオレです……とは言わないけど、まさかあんなことになるとは(−−;) 良く晴れたその日の昼下がり、悲劇は起きたのです……

 目の前に置かれたデザートの山……。「Gっつぁん」「モンゴルさん」の2人分を合わせ、ドンドゥルマ8種類(4種類×2)。オレは『プロフティフ(チョコレート掛けシュークリーム。あま〜い)』、『ガザンティビ(牛乳を使ったモチモチとした食感のお菓子。あま〜い)』、『ライスプディング(お米のプリン。そこまで甘くないけどやっぱりあま〜い)』、そして飲み物の数々……なんじゃこりゃッ!!
 何かね、周りの席の女の子達が、男3人のオレたちのテーブルをジロジロ見てたよ。どーしてそんな目でみるの!? いっぱい頼むことってそんなに悪いことなの!? そこんとこどーなのよ。

 でもま、アホではあるよね。

 ま、そーゆーこと。ちなみに『プロフティフ』『ガザンティビ』は甘党の人には絶対にオススメ! それとアイスの粘りを出すサーレップ、この粉を使った飲み物もあります。これについては賛否両論で、Gっつぁんは肌に合わなかったようだけど。オレはすっごい好きです。サーレップ、是非試飲してください。

 ということで、トルコ料理(?)エッセイ第2回は『ドンドゥルマ』でした。

これからトルコへ行く方へのアドバイスB
アイス食いたきゃ夏に行け。冬に行ったら『MADO』に行け


↑ ガラタサライ高校前の『MADO』で食べたドンドゥルマ他多数と呆れ顔のGっつぁん。
手前プロフティフ、中左からドンドゥルマ、ガザンティビ、ライスプティング、奥ドンドゥルマ。

Next >> 『イルハン・マンスィズの国』:Cへ

□ Back to index.

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO