□ Back to index.

□ Back to Really Turkey!! - contents.

□ ホンマにトルコ!! □

□ 2週間め。 □

『トルコへ行ってきました(前編)』

2週間め。『トルコへ行ってきました(前編)』 @

はい、とりあえずトルコプロローグっていうかトルコグルメエッセイはひとまず終わりです。今から始まりますは、トルコはイスタンブールを始めとした観光のお話です。でも本当に観光の事を書くのかな。観光というよりも、まぁ、面白かった話かもしれません。ちょっと食傷気味? そう言わないでくださいよーお金下さいよーご飯作ってくださいよー

 というわけですから、今回はとても役に立つお話です。
 日本からトルコへ行く場合、飛行機はイスタンブールのアタテュルク空港に到着します。首都アンカラの空港にいく飛行機はあんまりないんじゃないでしょうか。よく知らんけど。で、このアタテュルク空港はほとんどの国の空港と変わらず市街地からは遠い位置にあります。歩いて市街地へは行けません。行っても良いけど。どれくらいかかるかはわからない。誰か行ってください。歩いて行ってください。そして報告してください。

 また横道にそれそうなのでここで軌道を修正しましょうね。

 空港から市街地(安宿街のスルタンアフメットまで)へ行くには、タクシー、バス…などの移動手段があります。タクシーだと大体12ミリヨン(約10ドル)くらいです。オレは深夜(夜中の3時に着いた。それもこれもアエロフロートの……この話は下段を参照)に利用したから、その倍くらいの値段だったんですが。
 バスだと……あー、バスは乗ってないからわからないや。自分で調べてね。
 ただもし昼間に空港に着くのであれば、是非利用して欲しいのがメトロ(地下鉄)とトラム(路面電車)です。これら2つの料金はそれぞれ1ミリヨン。どこまで行っても1ミリヨン。だからスルタンアフメットまでたった2ミリヨンで行けてしまうということかー!?

 乗り換えが面倒だ、とか荷物が多いンだっちゅーの、という方にはオススメしませんが、とてもリーズナブルでゆっくりとイスタンブールの景色も眺められるので、オススメです。
 乗り方は簡単で、事前に切符(ジェトンと呼ばれるコイン)を買うだけ。あとは改札を通る。ただこのメトロは空港の到着・出発ロビーから多少離れているので、行き帰りの時間に10分から15分くらいの余裕をみておいたほうがいいと思います。

 安宿街の代表格たる、旧市街のスルタンアフメットへの行き方は乗り換え1回と簡単です。"Zeytinburnu"駅で降りて、歩道橋を渡るとそこがトラム乗り場です。"Zeytinburnu"駅はトラムの始発および終点駅なので、またここでジェトンを買って乗り込むだけでスルタンアフメットまでいけます。むしろその先までいけます。トラムの行き先表示は"Eminonu"駅(終点)。スルタンアフメットで降りるには文字通り、"Sultanahmet"駅もしくは"Gulhane"駅で。

 ところで航空会社にアエロフロートロシアを選んだ皆様へ。
 アエロはすごく離着陸が上手です。だから乱気流に突入にしても安心して大丈夫です。あなたは死にません
 でもめっちゃ時間にルーズです。フツーに1時間くらい遅れます。だから乗り換えが迫っている人! 気をつけて! けど乗り換え後の機もフツーに1時間くらい遅れるので、安心といえば安心なのかな〜。
 それとロストバゲージは頻繁に起こるので(時間がないから)、成田もしくは関空に到着時に荷物が出てこなくても、パニックにならないで安心して自宅で待ってください。でも大麻とかバッグに入れている人、ロストバゲージしたら必ず逮捕されるのでお気をつけて!(税関で全部の中身をチェックされるため)

これからトルコへ行く方へのアドバイスE
空港からはメトロでGO! アエロフロート遅れてGO!


↑ アエロの機内食(朝食)。ボルシチとかピロシキとかでると思ったのに〜!!
ウソツキ、ウソツキ、ウソツキ!! なんでロシアで寿司とか出すんだよ〜!(夕食の話)

Next >> 『トルコへ行ってきました』:Aへ

□ Back to index.

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO